塾での出来事・様子をタイムリーにお伝えします。
塾紹介
  画像

■所在地

〒606-8371
京都市左京区夷川通川端東入る秋築町233



■お問い合わせ

指導内容、教科、月謝等の詳細は下記の 電話番号にご連絡下さい。

TEL: 075-761-5135
FAX: 075-761-5135

(受付時間)
  平日 13時~21時
  日曜 13時~18時

※ また、メールでも受け付けております。 質問、進路・教育相談など、気軽に 下記のフォームからご連絡ください!

Powered by NINJA TOOLS

カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
ブログ内検索
QRコード
カウンター
[159]  [158]  [157]  [156]  [155]  [154]  [153]  [151]  [150]  [149]  [148

毎日単語やるのってすごく大変だよね。

いざやろうと思って取り掛かれば意外と集中してできるんだけど

なかなか取り掛かるまでには労力がいるよね。

けど、そこであきらめてやめてしまう人と

苦しいながらも続けていく人との間には

大きな差が生じるんだよ。

すごく大きな差がね。


続けていく人は1ヶ月もすればそれが当たり前になってくる。


「あ、今日の単語忘れてた。今のうちにやっとこう。

今日は朝から出かけるから、単語は夜にやろう。

けど、夜にやると眠たくなってくるといけないから

今のうちに少し目を通しておこう。」


この状態になってくると日常生活の中に完璧に単語暗記が刷り込まれているよね。


一方、続けられずにあきらめてやめていった人は、


「げっ、また単語アップされてる。まぁ、後で時間があったらやることにしよう。

よし、まだ、誰もやってないな、それじゃ俺もまだやらなくてもいいよな。

ああ、今日は眠たい。明日は絶対元気だろうから(←何を根拠かは不明)明日やれば大丈夫大丈夫。

そうだ、昨日の単語やってなかったんだった。まぁ、今日は1つやっておけばいいよね。」


こんなふうに自分で楽な方向を作って自己解決していく。


さあ、この2者間での違いは何かな!?

そして、最終的に笑顔になれるのはどちらだろう!?

さっきの差が1日、2日、、、、10日、20日、、、100日、200日、、

長い目で見ていくと怖くなってくるよね。

続けている人は、知らず知らずのうちに100個200個の単語が当たり前の知識になっているはず。

もちろん長文でその単語がでてきたら100%読めるし、

文章が理解できる。

だけど、あきらめた人は、あやふやな単語力であることは間違いないだろうから、

なんとなーく単語が読めても、文全体をしっかりと読むことはできない。

もちろん、そんな状態だと正確な解答はできないかな。

これってすごく違うよね。

だから継続する事は大切なんだ。

それが1日2日の勝負だったらそこまで差は開かないかもしれない。

けれど、違うよね。少なくとも3年間の勝負。

そしてこれからの日数でいくと

約5ヶ月の勝負。

いいね、いやなことを当たり前の習慣になるまで頑張っていこうね。

そうすれば、必ずこれまでとは違った自分を実感することができるからね。

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: