塾での出来事・様子をタイムリーにお伝えします。
塾紹介
  画像

■所在地

〒606-8371
京都市左京区夷川通川端東入る秋築町233



■お問い合わせ

指導内容、教科、月謝等の詳細は下記の 電話番号にご連絡下さい。

TEL: 075-761-5135
FAX: 075-761-5135

(受付時間)
  平日 13時~21時
  日曜 13時~18時

※ また、メールでも受け付けております。 質問、進路・教育相談など、気軽に 下記のフォームからご連絡ください!

Powered by NINJA TOOLS

カレンダー
03 2018/04 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
最新TB
ブログ内検索
QRコード
カウンター
[48]  [47]  [45]  [44]  [43]  [42]  [41]  [40]  [39]  [38]  [37

当塾は毎回必ず宿題を出しています。

これは家での学習時間の確保を促進し家庭学習を習慣化するためです。

もちろん授業内容の復習と定着をはかるためでもあります。

そのため宿題は絶対的事項としています。


それでも宿題忘れをしてくる生徒がたまにいる。

たまたまうっかり違ったところをやってきたり

家の事情、体調不良によりやむなく忘れてきた場合は構わない。

問題は常連してくる子である。


何週間か宿題をやっていないとその期間の家庭学習はゼロに等しい。

もちろんそういう生徒は学校の宿題も疎かになってい場合が多い。

そんな状態で成績をあげるのは至難の業である。


勉強から逃げ出している子。

それが部活優先のため起こっていても

他の習い事のため起こっていても

結果、勉強を後回ししていることに変わりはない。


それが続くとどうなるか。

成績は確実に低迷することになる。

それがわかっている以上は当然預かるわけにはいかなくなく。

勉強以外のこと、例えば将来の話や高校になってから、大学生になってからの話など

勉強とは直接関係の無い話を伝え教えていくことも、

生徒たちが今後進んでいく中で役に立つし大切なことである。


しかし成績をあげるのが塾の中軸である。

その中軸をへし曲げて在塾させるのは責任放棄に値する。

それは僕にはできない。生徒たちの大切な時間を無駄に使うわけにはいかない。

そして信頼して預けてくださっている保護者の方に申し訳がたたない。

そのため不本意ながら退塾勧告を出さなければならなくなる。

ただ、あらゆる観点から宿題の必要性を説いていった結果

いっこうに改善がなく今後もそれが見込めない場合はである。


ここは勉強において努力しそれを全力でサポートする場である。

勉強から逃げている子は

宿題がないかあっても平気で忘れてもいいような塾に移るほうが得策である。

今後、授業中の態度と宿題に関しては厳しく対処していこうと思っています。

塾生のみんな覚悟してね。



この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: