塾での出来事・様子をタイムリーにお伝えします。
塾紹介
  画像

■所在地

〒606-8371
京都市左京区夷川通川端東入る秋築町233



■お問い合わせ

指導内容、教科、月謝等の詳細は下記の 電話番号にご連絡下さい。

TEL: 075-761-5135
FAX: 075-761-5135

(受付時間)
  平日 13時~21時
  日曜 13時~18時

※ また、メールでも受け付けております。 質問、進路・教育相談など、気軽に 下記のフォームからご連絡ください!

Powered by NINJA TOOLS

カレンダー
10 2017/11 12
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
最新TB
ブログ内検索
QRコード
カウンター
[62]  [61]  [60]  [59]  [58]  [57]  [56]  [55]  [54]  [53]  [52

今日は中2のテスト対策授業の特別呼び出し日。

夏期講習あたりから中2生はものすごくいい感じ。

この前の日曜日なんかは

休みなしのぶっ続け3時間をやり遂げた。

今日も3時間半殆ど休みという休みはなく行われた。

(みんな必死で問題を解いているため)あまりの静けさで

誰も僕のことを呼んでくれないため

逆に寂しくなって途中生徒たちに何度か話しかけて間をとっていたような状態だった。


「これは大丈夫か!?」


「こっちはしっかりな。」


ってもしかしたら、もうすこし静かに、、、

て思われているかもしれないね。笑


そんなやり取りを交わしながら

わからないところの説明、プリント印刷(つまり雑務)

をやりながら過ごしていた。

それくらい静かな雰囲気の中で落ち着いて勉強ができていた。

その甲斐あってかすごく捗っていたようだ。


勉強をする上でこのような静かな雰囲気は、

必要不可欠であると思っている。

ただ、静かは静かでもひたすら無言で勉強をしていればいいというものではない。


静かに勉強ができているクラスは大きく2つの種類に分けられる。


1つは、大人しい生徒たちが集まった遠慮の固まりクラス。

授業中も休み時間も大して変わらず静かなクラスである。

質問があっても他の目が気になってなかなか質問できない。

結局聞けずじまいでそのまま終わらせてしまう。

それが繰り返されるため静かなのである。


もう1つは、わからないところだけ単発で聞いてくるクラス。

極限まで自分で考えたいという意思が強いため

静かな状態が続く。

そしてどうしてもわからなければ助けを求めてくる。

これらの子たちは自分のわからないところが

ある程度はっきりとしているので骨組み的なものを説明すれば

あとは自分で考えて解決していく。

暗記ものであれば

誰かに聞く前に○付けをしてさっさと自分で確認して覚えてしまう。

そのため解説は弱点に絞った必要最小限のものになり、

効率よく勉強を進めていける。


この2つの内、

どちらが理想的で成績アップできるかは言わずもがな。

少なくとも中2生は後者に近づいてきている。

だから非常にいい感じなのだ!




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする: